スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ分かり易い証拠(他の被害者の方のもの)

※只今、作成途中のものです。

よく集団ストーカー関連の掲示板などに、「集団ストーカーを訴えている連中はこんな奴」とかで書き込みがあるのを見かけました。しかし、その選別は「全く分かり辛い映像」や「被害者がキチガイに見える」ものばかりのリストでした。よく工作員が火消しのために使う手口です。彼らの目的の一つが被害者をキチガイの精神病患者に仕立てることだからです。中には工作員が被害者のフリをして、自意識過剰やキチガイに見える映像を作成して広めている可能性もあります。
一方で、真っ当なまだ分かり易い証拠記録は検索の上位に検索され難いのが現実のようです。そこで、私の主観ですが、まだ一般の方に理解して貰えそうな証拠記録を列挙してみたいと思います。今はまだ他の被害者の方のものですが。

○ 「ぞろ目ナンバー 続々登場」
一晩のうちに、「9999」が4台も続くなど確率的にどう思いますか。「6666」「3333」「111」「222」なども考慮すると通常ならあり得ない確率となるでしょう。被害者用語でよく使われるカルトナンバーですが、私個人の中では、「1111」「222」「33」「4」などの一桁から四桁までの同じ数字、「1122」などのツーペア、「3434」などの二桁ペア、「5665」などのミラー数字くらいだと思います。
これ以外を挙げてられる被害者の方を散見しますが、確率的に当たり前になって、ようつべでやっている。某方のように突っ込まれます。工作員も被害者を貶めるために普通のナンバーばかりを列挙しているようです。まあ、ぞろ目は付加的な感じでそれだけをあまり重視する必要はないでしょう。

私の場合、昔一時期ナンバーを控えていましたが、するとナンバーのない車の放置や、ナンバーのライトが消されているもの、ボルトのおかしなもの、なにかを貼っているような違和感のあるものが増えるようになりました。その上ナンバーが大量に捨ててあるそうです。その辺りのことを陸運局はどう考えているのでしょうか?

https://www.youtube.com/watch?v=A1_zPGVQmTI


○ 「行き止まりに待機してみた時の光景 集団ストーカー 」
被害者の方が頭を使った良い例となります。本当の被害者は、一般の第三者の方へはどういったものが伝わるのか客観的に考えてみるべきでしょう。映像にあるように、明らかにおかしな行動をとる車が直後に2台も現れる。こんな明らかにオカシイ不自然な経験したことはありますか?

https://www.youtube.com/watch?v=5kg_qqyZ804


○ 「【いま日本が危ない】集団ストーカー No.001」
これは、特に前半2分ほどの部分がよく分かり易いです。
この手のものは私も経験したことがあります。私の場合は深夜でしたが、もっと露骨な行動をしていました。追跡してくる複数の車を振り切って嵌めるために速度違反取り締まりカメラの下を行ったり来たりしていたところ、ばれたのか一台が数百メートル手前の三叉路の副線側道路の左折専用を含めた3レーンに膨らんだ場所の薄暗い路肩に停車して待機していました。私はそのかなり前方に停車したのですが、段々と数分置きに前に近づいて、ずっと放置していたら最後には後ろぎりぎりまで接近してきました。バックミラーでみると明らかに缶ビール類を飲んでいました。当時はまだ集団ストーカーの存在自体を知らなかったので、通報すればよかったと後悔しています。

https://www.youtube.com/watch?v=XuLnh7ioZL4


○ 「十和田警察が集団ストーカー 買い物に来た一般市民に職務質問」
明らかに被害者を狙って目視している。見たところ被害者の方は後部座席にいます。最近の車は後部の窓はスモークだと思います。なのであの距離から撮影していることは分からないでしょう。明らかに狙っていますが、この場合は警察署への偽通報で巡回するケースもありますので、一概に集団ストーカー関連かまでは断定できません。もちろん、他に紹介する別のケースのように明らかにオカシナ行動をする警察官も存在します。警察にも信者が入り込んでいますので、明らかに嫌がらせをする場合は考えた方が良いでしょう。

https://www.youtube.com/watch?v=vkwaSXNg1JA


○ 「警察によるストリートシアター ガスライティング」
警察車両の追跡行動は前方すべてから警告灯であるパトランプが見えなくてはなりません。この車種ではシートベルトを外して身を乗り出さないと屋根に取り付けられない。日本の警察車両は車内でパトライトを点灯して追跡することはまずない。通常の覆面車両は屋根の一部が自動で回転しパトライトが出るようになっている。
登場した進行方向とは逆へのUターンした形になる追跡と思われるが、日本の警察は相当な重大な違反でないとUターンしてまで対向車両の追跡はしない。映像から左折して被害者宅まで1分もなさそうな距離なので、3分だと本道に出ていると思われるが、あれだけの交通量だとUターンする程の違反は相当なものだと思う。速度違反は対向車には行なわない。それ以外の重大な違反の割には、違反切符や書類当のボードも持たず免許提示も求めずにノホホンと会話をしている。
火災現場で後日不審火だったときの為に、周囲の人間をカメラで撮影することはよくありますが、交通違反の職務執行中に関係者以外の人間にカメラを向けることはありません。道路の他の走行車両の通行に支障がでるとの配慮で違反者に移動指示を出し、自らも警察車両に乗り込んでいるにも関わらず、警察車両自体の移動がありません。被害者に威圧を与える行為以外の意味を持ちません。
後は、この被害者の方がその管轄の警察署で直接説明をしてもらい、日時と担当の警察官の顔は分かっていると思いますので、その該当車両の違反記録が存在しているかを開示請求すれば明らかになるかと思いますが、裁判でもしないと難しいかな。まあ、そこまでの案件でもないでしょうけど。途中に映る2人マスクな軽トラも気になりますが。。

https://www.youtube.com/watch?v=XJ3tBh8OQt8


○ 【集団ストーカー被害体験記 - CASE:SUNRISEMAN】第三章-(2)
1分45秒くらいからのゴミ収集車の辺りからが特に分かり易いです。ゴミ収集車、郵便、配達業などは自分の被害にもよく当てはまります。
https://www.youtube.com/watch?v=gUSRYQw-lag&list=PLDDF3EA838D75EF96


○ ちょっと自転車で走るとこんな感じです[集団ストーカー]


スポンサーサイト

大量動員できる方法と目的

ネット上で、「何故、大多数の人間が関与できるのか」「そんなに人を雇ったら費用が莫大掛かるだろう」と言われるのを見ます。この事について、ネットで「多くの被害者の方が語っている証言内容の共通点」を調べ、「自分が受けた被害の経験」と照らし合わせて考えてみました。すると時間が経つうちに、段々と整合性の取れる全容が見えてきました。

要は、「防犯ネットワークのような組織の繋がりを悪用」すれば、証言内容の様な大規模の犯罪を行えることが分かります。被害者を偽りの情報で貶め、何らかの犯罪者に仕立て上げている、または不審者のレッテルを貼っている可能性が高いです。
防犯ネットに参加している団体・組織は、「防犯パトロール」、「地域の自治会」、「PTA」、「商店街組合」、「消防団」、「トラック協会」、「タクシー業界」、「郵便等の配送宅配業」、「新聞やピザ等の配達系」、「コンビニやヤク○ト等の社用車」、など多種存在している様です。

私の家にも回覧板として、または郵便ポストに直接に次のようなものが回ってきます。「黄色い旗の見守り隊」、「青色走行車見守り隊」、「不審者情報に協力のような自治会発行のチラシポスター」などです。被害者が外出すると、近所も含め行く場所行く先々で、その地域の一般家庭からも不特定多数の監視や嫌がらせを受けます。これらも、そういった自治会などが運営して、不審者情報などが電話やメール等で順番に伝わる体制ができているからではないでしょうか。 
これにカルト系企業や信者なども入るので、膨大な人数に見えるのは当たり前です。

対象者が本当の犯罪者であれば、すぐに分かるようなことだと思います。しかし、なにも犯罪を行なわないのにも関わらず、何年も何年も執拗に多人数で追い回します。本当に犯罪者なら直接事情聴取なり逮捕状が来るでしょう。本人に話しを聞くことすらしません。何も出ないのに、ただ無闇に追い回し続ける。これが正当性のある行為と言えますか。
そして、本来の尾行監視というものは、本人に気付かれないように行なうものですが、集団ストーカーの場合はアカラサマな嫌がらせもしてきて、その存在を誇示するような行動をしてきます。アカラサマな付きまといや待ち伏せ・通行妨害などです。
何故、アカラサマに嫌がらせをして仄めかすような行為を行い、本人に気付かせるように仕向けるのでしょうか。それは、一個人を集団で監視威圧し嫌がらせをして精神的に追い詰めることが目的だからです。

防犯ネットワークは、カルトが母体の政権の一翼を担う公○党が推進して作り、警察・役所・地域の自治会と連帯し運用されているようです。地域の青色防犯パトロール車の担当は生活安全課生活安全課で、そこは警察の中でも特にカルト信者が多いとネットで知りました。地域の防犯意識の向上や地域社会の交流の活性化などと奇麗事を並べ立てていますが、実際は最初からこういった悪用目的で施行された法案ではないかと思います。
防犯パトロールには、いくらかの予算も付いているようですが、その程度では不特定多数の物凄い数の人員は賄いきれません。「物凄い金額が必要だろう」と突っ込まれますが、上記のような方法で、防犯ネットを悪用して行なっているので、殆どお金を掛けなくても実現は可能です。天下りした防犯パトロール車に乗っている一部の主要な人間は予算目的の場合もあるとは思いますが。

そして、偽りの情報による冤罪だとしても、情報開示がないので一方的な犯罪を受けるだけです。嘘情報を流した犯人を知ることもできません。本来は真っ当なことをする組織団体を悪用しているので、確信犯以外の殆どの参加者は本当の事実を知らずに対象者を犯人扱いでやっているのではないかと思います。犯人扱いなので遊び感覚で嫌がらせをしている人もいるでしょう。しかし、被害者は酷いものだと人生を理不尽に潰されています。もし冤罪だった場合は誰が責任を取るのでしょうか。

以上のような組織・団体を悪用して運営されているので、そんな大金を掛けなくても、不特定多数の人員を大量動員することが可能です。


目的としては。
最初は、脱会した信者への嫌がらせから始まったそうですが、現在では「オリンパスの事件など」を見ても分かるように、嫌がらせの請負をやっているようです。会社や近所・地域で揉め事になった人間への嫌がらせ、解雇目的、土地財産狙い、マンション立ち退きなどの目的で依頼されているものがある様です。私の場合は近所トラブルがあり、その相手の不動産屋が政権与党の後援会関係でした。なので、政治的な政党関連で票のために邪魔な人間への嫌がらせを依頼請負することもあると思います。票の為なら正義など関係なく、どんな卑劣極まりない事でもします。

彼らは、被害者を追い詰めてキレさせ犯罪を犯させる、自殺させる、病気にさせる、自発的または精神病扱いで会社を辞めさせることなどを狙ってきます。また、家族・友人・知人・社会で接触する人間・ネット上の関係者すらにも、嘘偽りの情報を流して孤立化させられます。

あと、元公○党委員長の矢野絢也氏「日本占領計画」の集スト事件のことで言われるのかもしれませんが。「なんで重要人物や有名人でもない人間に対して、そんな大掛かりなことをするのか」とネットで拝見することがあります。しかし、上記方法と目的なので重要人物や有名人である必要は何もありません。学校でイジメられる子供たちはみんな大物の家庭ですか。寧ろ貧乏人などの弱い立場の人たちでしょう。

まず最初に、逮捕者もいますし、裁判でも裁かれています。

私は、本当に酷い被害に遭っている被害者です。しかし残念なことに、「集団ストーカー」=「キチガイ」と扱われることが多いです。それは、「集スト」をしている加害者側の人間が本当の被害者のフリをして、ワザと「キチガイ」に見えるように振る舞っているからです。被害者以外の一般の人たちをその方向へとミスリードしようとします。
つまり、偽被害者(工作員)が世間から「集団ストーカー」を陰謀論や都市伝説、妄想、統失として消し去ろうと動いています。他にも加害者側に買収され寝返った工作員も居るかも知れません。一部、本当の被害者でも工作員の巧みな誘導によって謝った方向性へとミスリードされ、分かりにくい行動をしている方もいるかも知れません。
その工作員たちが、被害者を装いオカシナな発言行動ばかり行い、本当の被害者を貶めているのも事実です。工作員たちは、確定した根拠のある事実や分かり易いところは殆ど扱わず、訳の分からない発言ばかりしている人に多く見られます。そうやって、被害に遭ったこともない一般の方への訴え、周知活動を妨害しています。

「具体性、論理性、整合性」がなく、「分かり易いところからの優先順位」もなく、説明のできない訳の分からない話ばかりをしているところは注意してください。脈絡も無く突然でてくる「なに?」といった唐突な発言は、誰かへの仄めかしの可能性もあります。汚い言葉遣いで誹謗中傷めいた発言もそうです。
本当の被害者は、散々汚い暴言などを受け、人の痛みが分かっているので、そんな行動はなるべく控えます。一人でも多くの人たちに伝える為に、分かり易いところから理解して貰えるように真っ当に努力するでしょう。


前置きが長くなりましたが、「まず「集団ストーカー」が「妄想」と言う前に現実に起こった事実を知って、よく考えてみてください。」ツイッターなどで、工作員が「何故逮捕者が出ないのか」と言っているのを見かけたことがあります。しかし、実際には逮捕者も出て、裁判も行なわれています。代表的なものには下記のものがあります。

※ リンク先に迷惑の掛からないように、直リンクの方は「リダイレクト」を使っていることがあります。お手数ですが「リダイレクト」画面が出た場合には、もう一度リンクアドレスをクリックして飛んでください。他に、アドレス表記をURLフォームにコピペして飛ぶことも可能です。

○「オリンパスの集団ストーカー事件」
不正を内部告発した社員が、会社の法務部から顧問女弁護士を通じて、某宗教団体の請負部門に依頼される。その後、集団ストーカー行為である不特定多数の嫌がらせを受けノイローゼにされ、産業医による捏造診断を受ける。嘘診断を理由に退職を迫られるが、断った為に閑職に追いやられた事件。
平成23年8月31日に、東京高裁にて勝訴したそうです。
ちなみに、この日本有数の大手法律事務所に所属の女弁護士は、ここ以外の複数の会社の社員にも、その会社の依頼で同じ集ストの手口で追い込みを行なっていたそうです。
http://www.cyzo.com/2011/09/post_8463.html
http://www.cyzo.com/2011/09/post_8463.html


○「NTTドコモ事件」
某宗教団体の脱会者の女性が、組織的なストーカーに遭う。ストーカー行為の一環として、NTTドコモに入り込んでいる某団体広宣部の人間が女性の通話記録を持ち出す。この件で、信者3人が逮捕。その中の1人に「懲役10ヶ月、執行猶予3年」の判決が下る。
http://matome.naver.jp/odai/2138145195090208901
http://matome.naver.jp/odai/2138145195090208901


○「日本HP集団ストーカー事件」
知ることが出来ないはずのプライベートな内容を、複数の同僚から仄めかされ、嫌がらせを受けた事件。会社側は関係ないようです。逆転勝訴だそうです。  
盗聴盗撮などしないと知り得ない内容が会話の中で何の脈絡もなく出てくる仄めかしは、私もツイッターなどで頻繁に
経験します。
http://www.mynewsjapan.com/reports/1363
http://www.mynewsjapan.com/reports/1363


○「語るべき真実・集団ストーカーの側面・分岐点の訪れ」
某団体の区画地域で集団で行った犯罪の首謀者の女性が、所轄の警察署に実際に逮捕されたそうです。
http://bridgegate.blog79.fc2.com/blog-entry-28.html
http://bridgegate.blog79.fc2.com/blog-entry-28.html


何故このような大きな事件が、大手メディアにおいて一切報道されず、一般国民は知ることができないのでしょうか。
TVのワイドショーなどでは、どうでもいいようなくだらない話題や事件は何日でも長いことやっています。その一方で、国民に知らされない社会の真実があります。集団ストーカーもそうです。何故、国民はこのような事件をネットや一部雑誌媒体でしか知ることができないのか。体制側にとっては、一般社会に、この事実を知られることを一番恐れているからです。
これらのことを論理的に普通の頭で考えて、オカシイとは思いませんか。考えてみてください。

プロフィール

victim084

Author:victim084
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。