FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コピー(長調布小型機墜落事故)


「調布小型機墜落事故」を改めて精査。前回書き込みの修正として、この件に関する事前の報道番組予定は無かったようです。しかし、メディアが不自然に意識誘導していることは証言されているようです。現在のメディアに出てくる殆どのご意見番が偏った人間ばかりであり、発言も極端に偏ったものしか許されていません。ご都合主義な流れの発言以外は許されてなく公平中立な報道は成されていないのが現実です。その一端が現れています。

















最近は、情報かく乱目的のページや後出し情報で私の発言を貶めて来るので、暫らくしてから検証するようにしています。掲示板に当初書き込んだ情報以外のものが増えました。

まずハッキリと断言しておきますが、「調布小型機墜落事故」は明らかに仄めかし事故であり、故意に作られた事故です。仄めかし事件の傾向として他の目的と一緒に仄めかしの内容を織り交ぜてくることがありますが、目的が2つ以上あったとしてもそれは犯罪行為であることに変わりはありません。目的のために平気で無関係な人を犠牲にするのであれば、この国はすでに法治国家でもなんでもありません。

仄めかしという点で「この事件」の一番大事なことは、被害女性が一週間ほど前に引っ越したばかりであり、彼女の呼ばれ方が「のんちゃん」であったことです。関係者神速の家であったとはいえ、少し前に引っ越したばかりの人間に落ちる確率はどれほどですか。他の事件事故を見れば分かりますが、この手のものはタイミングの良い不自然なことが複数重なっています。彼らの工作のパターンです。ネットでも「もの凄く運が悪い人だね」のような文章が散見しましたが、そんな言葉で片付けられる話ですか。日本国のお花畑世代にはその傾向が多いようですが、彼らのネット戦略でもよく使う手です。メディアの揉み消し誘導と同じレベルです。(これからのページで出てきます。)

そして「のんちゃん」とは、2011年に集ストに気付くまで数年頻繁にメール交換などしていた数少ない私の女友達の名前。彼らの工作によって急にギクシャク態度が変わり潰されましたが。これもメールが全部残っているので後日アップしても良いです。私に纏わるヤラセ事件事故を読んでもらえると分かりますが、現在の彼らはこのレベルのことが平気でできます。メディアもほぼ関わっています。

<事故の不審点のまとめ>

○急遽、事前に変更された機体が何故か過去に事故を起こした曰く付の機体になる。凄い確率。更にいうと、その偶然の曰く付機体に燃料と搭乗員、荷物など併せて最大重量に近いものを乗せている。燃料など予定量の5倍。離陸可能な限界重量に近かったと指摘される。そして、エンジン出力が上がりにくい猛暑の日を選択。事故当日の気温が34度。目的地だった伊豆大島までの片道分の5倍の燃料を積載し、離陸可能な最大重量ギリギリまで迫っていたことも判明。

○被害にあった民家だが、1週間ほど前に引っ越したばかりという運命的な確立。そして、被害者の女性が「のんちゃん」と呼ばれている。これが確実な私への仄めかし。その為に選ばれ引っ越す計画が組まれたのだろう。全部お膳立ての構図。

○用意周到といえるほどにカメラが揃っている。離陸時まで一般客が撮影していたそう。初期の報道では使われていたが、私が「見たところ滑走路ギリギリで飛び立っているが、それまでに体感的にエンジン出力対スピードの関係を機長が読み取れずに無理やりに飛び立ったのは不自然」などと発言して以来、使われなくなった。発表当初からメディア発表に、離陸直後にエンジンになんらかのトラブルがあったという表現がすでに嘘になる。この滑走路ギリギリで飛び立つといった映像から、機長は離陸の時点までにエンジンが不調なのは分かるはずであり、離陸直後にオカシクなったという表現事態が誰が見ても間違っていると分かること。











写真1.上記のように、事故当時は飛び立つ映像もありました。私が突っ込みを入れてからメディアは一切流さなくなりました。当時の映像では、かなり滑走路ギリギリから飛び立っていた記憶があります。











様々な角度からベストポジションの映像が残っています。左写真2は、高度の低さと軌跡がよく分かります。右図写真は、これも高度の低さを真正面から捕らえています。拡大すると下写真4のように車輪の格納不備までよく分かり。当初はよく取り沙汰されていました。跡で難癖を付けるための準備がどれだけ用意周到なのか。逆に不自然なほどです。











○いくら急いでいたとは言え、操縦士がその状況で車輪格納ができないのは考え難い。ボタン一つのことで、尚且つその状況で一番影響が深いことは瞬時に判断できること。また、エンジンに加えて車輪格納機構まで不具合がそのタイミングで出たと考えると、作為的なほどのことが重なって続いている。

○機長はメディアに取り上げられる程の関係者だが、実情はそれほどの実績もなく虚偽の申告をしている。報道にあるような実力の人間がTVなどに取り上げられていたようだが何故か。川村泰史機長とメディアとの繋がりを調べると、彼の違法性のある飛行クラブには多数のマスコミ関係者が入会している。その中に、テレビ局の大物プロデューサーもおり、その局の報道番組にも出演、アイドルグループのイベントにも招待していた。昨今のメディアは扱い易いレベルの低い人間を特に好む傾向にある。結局、悪いことに参加してちやほやされても不可思議な消え方をする芸能関係者は多いが。

○早とちりで自薦番組としたがそうではなかった。ただ、事故後のメディアの対応がアタカも通常起きる事故であると強引に番組を作って国民の意識誘導を謀ったことが問題。他の事件事故でもあるがメディアのいつものパターン。某方の暴露で、「調布飛行場が危ないという企画をやりたい」と「気温が高いとエンジンのパワーが」の2点を強調付けたいとの意志が強く。普通の事故と変わらないと発言すると出演依頼を切られたと語る。第一の目的に合致する。

○04年に起こした着陸失敗事故で損傷したエンジンを交換せずに使用、試運転なしで離陸。と報道されていたが、その日にたまたま交換した機体がたまたま大きな事故経験のある機体となり、それでも04年から事故を起こさなかった機体がこのタイミングで致命的な故障をするといった確率はどれほどでしょうか。更に、その後の報道で遺体は航空関係者のみで、2人ともに機体の一番後ろで固まって発見されたそうです。小型機なので中はかなり狭いし、座席もあるのに真ん中の人間をすっとばして最後尾に吹っ飛びますか。また、操縦士などはシートベルトなどは必須です。真ん中の乗客3名は無事に脱出しているのに、航空関係者のみが一番後ろでかなりの燃焼で黒こげです。絞殺されていても判明することはないでしょう。

○第一の目的は、周辺住民による騒音被害による調布飛行場との軋轢だと思われる。市民団体もできていたようだ。地元住民も、墜落事故を予期させる「危険な兆候」を察知していた。市民団体「調布生活と健康を守る会」の飯野久子会長の憤激証言を聞こう。

2015年7月28日 朝刊
小型機を管理していた日本エアロテック(調布市)はこの日の会見で、機長の川村泰史(たいし)さん(36)が当初予定とは別の小型機を使用したことを明らかにした。墜落したこの小型機は、二〇〇四年に札幌丘珠(おかだま)空港(札幌市)で着陸に失敗する事故を起こしている


<もうひとつ重要な出来事>
これに付随するもう一つ明らかな証拠があります。下記の事故が1週間ほどの間に続きますが、同じ内容で直前に放送がありました。この3つの事件を想定したかのような内容で、更に同じ順番で、3つの事件を取り上げた内容を直前に放送していました。たった一週間ほどの間に立て続けに3つの事故が同じように起りました。

○調布の小型機墜落 (2015年7月26日)
○フェリー火災、93人脱出 北海道・苫小牧沖 (2015年7月31日)
○山陽小野田市港町で火事-中国アセチレン小野田工場がガス爆発 (2015年8月5日)

直前に放送された番組は、「あわや大惨事!という衝撃映像をたっぷり紹介する、世界衝撃映像100連発!」で、2015年7月26日(日)よる7:00から放送されていました。広島のテレビでは数日ずれて放送されました。
○「管制官がパニック!旅客機が空中衝突」
○「海上の密室 生死を分けた運命の選択!」
○「製油所大爆発!瓦礫の中から妻を探せ!!」

放送内の特集扱いは上記3つでした。
直後に起こった事故の内容も順番もそっくりです。直前に放送された内容が1週間以内に起こる。確立論的にも自然発生的に起こることは考えられません。「調布の小型機墜落」事件は、2重に作為的なやらせを含んでいます。

























『ここに、補足として細かいことを書きます。
集団ストーカーの被害者の多くは航空機による仄めかしを経験していると思います。私も身の回りで起こる数々の不自然な事象が段段と悪化していき、2011年ごろにそれが集団ストーカーというものだと気付く前。2011年の数年間ごろから異常なほどのタイミングの良さで航空機音が起こるようになった。広島県福山市に在住だが、近くに飛行場もなく航路もない。それが急に1日5~6回の爆音が聞こえるようになった。多いときは1日十数回でも。それが連日続いていた。何か滅多にしない特別なことをするタイミングでやってくる。例えばトイレなど。(現在では近所が音だけ出しているパターンもあると確認している。)超低空でないと聞こえないような音も頻繁だった。夜に飛行場の近くで聞くジェット機が飛び立つような轟音もあった。97年より京都より戻り生活をしているが、それまでは飛行機の音など殆ど聞いたこともなかった。

活動を始めて以来、ほぼ無くなっていたが、2014年の11月前ごろから(昔ほどではないが)ちょこちょこタイミング良く始まりだしたので、某航空機追跡サイトでチェックを始めた。(大型旅客機は近くを通っても高度が高過ぎるためにまず音は聞こえない。)そして、確実に時間帯が一致して、更にその記録航路が異常な機体を確認して記録していた。その直ぐ後くらいに急に1月ほどでHDDが2個連続で壊れる。HDDが壊れたのは10年近く以来。その為にそのデータが消失している。以後、追跡サイトでも小型機の認識コードが出なくなり、そのマークしていた小型機を確認できなくなった。そして、去年の夏、その航空機墜落が起こる前に私が行っていた行動。TVやネットなどの仄めかしや、ヤラセの事件事故などで脅迫行動が異常に多くなったので、急遽、部屋の構造を頑強に固める作業に入った。それが終了してすぐにこの事故が起こった。つまりは、この事故自体が私への脅迫行動も目的としていた。私にはいつもの流れなので分かったが、部屋を固めても航空機が墜落することもあると言いたかったのだろう。最近では、車での突っ込み事件が連続し、私が見るタイミングで番組映像としても突っ込み事件を多く報道していたが。ちなみに、部屋を改造するにあたって京都にいた97年以来使っていなかった冷房を導入せざるを得なくなった。窓型タイプだが、窓が閉まらないなど防犯上室内からダクト方式で取り付けている。窓や和式扉、フスマなどを強化施錠できるように無理からに改造した。部屋が汚いのであまり取り上げたくないが後日アップしても良い。』


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

victim084

Author:victim084
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。