スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯川遥菜氏の邦人誘拐人質事件の話です。


最近のツイート。

1,村木厚子事件ですが、この方が冤罪かどうかは分かりませんが、これが石井氏という議員を貶めるために画策された可能性があることは見えてきました。石井という人はその事件の数年前に国会にて創価学会を糾弾しているようです。かなりカルトとの対立が激しかったようでネットで
2,調べると出てきました。この事件ではこの議員が口利きで事件の首謀者のような扱いになっていますが、実際には潔白が照明されているようです。村木氏についてはその後厚生省の事務方トップになっています。当時なぜかカルト系の企業団体が応援しています。
3,更に現在はカルトとして有名な企業に天下りしているようです。この事件は障害者施設を悪用しての詐欺行為ですが、精神病とか障害者を悪用するのが得意なのもカルトだということはネットで調べると分かります。連立を組んだ1999年ころからてんかん事故が増えているようです。
4,京都てんかん事故は明らかに故意に作られたものです。現在分かったことはこの程度です。ただし冤罪事件が多いことも事実なので両方よく考える必要があります。#村木厚子 #石井 #カルト #天下り #障害者 #てんかん事故 #冤罪
5,これを調べていると1202深夜1時前(日本ユニセフと創価を調べる)に救急車、しかし聞こえ方が一瞬で余韻もなく明らかに音だけ。大阪梅田暴走事故、湯川事件、植松相模原事件、点滴殺人事件といい最近は彼らがとても過剰反応で嫌がらせをしてくる。図星だからでしょう。日本を蝕んでいる本質を
6,知る必要があります。この冤罪事件は調べると2009年まで国会でカルトを糾弾していた議員に対する攻撃のようでタイミングが一致し関係者とその後の流れが状況証拠的には適合します。冤罪事件自体が茶番のようで、このお陰で事件自体は氷山の一角以外は闇の中のようです。トカゲの尻尾。
7、これを書いて投稿した1時3分に暴走族系の車が通る。これも久しぶりの出来事です。村木氏を当時応援したメンバーを調べると殆どがカルト繋がりでした。その中に日本ユニセフがあります。憲法20条違反してまで
8、国民を犠牲にし新聞利権の軽減税率を推し進め、パナマ文章で5000億隠し持つカルトが国を食い物にしています。故意の事件事故で人殺しをしています。だから昔の頭の良い人達は憲法20条を作ったのではないのですか。このような自体に陥っても分かりませんか。


1,児ポルノについては私も実際の子どもたちの被害は防止するべきだと考えます。しかし創作物までに童及ぶのはどうかと思います。これについての影響は映画にも及び極度の鬼畜映画やスプラッター、ホラー映画などは何故追求しないのか疑問に思えます。彼らは利権関係で他を排斥する
2,ための市民運動を利用することがありますが、今回の極端な運動もその流れではないかと思っています。日本ユニセフの某氏がそのような創作物に対して「信じられないほど残酷で、気持ち悪いものでした。日本人が作ったなんて、信じられない。残念無念です」と発言していますが、
3,たしか創価のトップはレイプ事件で裁判で裁かれたのではないのですか。なぜメディアはこのような事実を報道しないのか。彼らの考えが気持ち悪いです。よく考えてください。ちなみに痴漢冤罪は扱わないで綺麗事を市民運動にしたのも彼らのようです。#児童ポルノ #創価 #レイプ
4,創価トップのレイプ訴訟、創価学会セクハラ事件、ベネッセ個人情報漏洩事件と失踪児童急増、江戸川区公明党区議による女児買春、岩手県 創価学会 副圏長による知的障害女性のレイプなどこれらについては言及されないのですか。偽善者の極みです。#児童ポルノ #創価 #レイプ
5,ちなみにカルト党が推し進めた某ワクチンは小学生だったそうですが。これは生涯に渡る重度の被害がでています。本来は免疫の低い子供にウイルスを弱めたような薬を注射するのはどうかと思います。お年寄りだと長年受けた免疫細胞の経験値(免疫細胞の教育)があるのでまだマシだと
6,思いますが、子供には経験値もありません。インフォームド・コンセントが基本です。これに関しては児童やそれを引続年齢に多大なる被害を出しているようですが、謝罪すらないそうです。ご都合主義にも程があるのではないでしょか。とにかくDL法なども彼らは場当たり的で論理性がありません。

両極端な右左はマッチポンプで利権構造を作りお互いが拮抗する形で茶番を行っています。一方で、中道は利権とは関係なく論理的に物事を考えて判断します。なので中道の意見が一番国民のためになることを考えます。もう一つに裏中道的な考え方があります。その時その時で極端な右とか左に鞍替えして、それぞれの利権構造を全て掌握しようとする者たちです。これだとまだ極端な右左の方が百害あって一利くらいあります。この裏中道的な考え方の組織は国民のためになることは皆無です。国民を犠牲にして利権構造を作り国民を犠牲にして自分たちの繁栄のみ考えます。カルトが中道というのは全くの出鱈目で調べるとやっていることは裏中道的なものです。官僚制度や公務員制度に入り込んで帝国独裁主義のごとく国民監視で搾取構造を作り出そうと目論んでいることもその証拠です。彼らが侵食してから官僚腐敗や国家暴走が進んだのではないですか。現在は政治主導というよりは組織内組織に牛耳られた官僚主導になっている気がします。秘密保護法を真っ当に作らずに敢えて出鱈目に自分たちの利権のための制度にしたのもその流れでしょう。これで一般会計より何倍もある特別会計については出てこなくなりました。負の遺産を作り放題で国民にしわ寄せとして消費税を上げ低所得者層を苦しめた責任の所在もなくなります。メディアも洗脳機関として下っています。植松事件の措置入院制度を強化しようとする工作もその流れです。この「国民あっての国家」を破壊し「国家あっての国民」にしようと目論んでいる組織が政権与党で憲法を改悪しようとしています。国民はもっと現実を知って根源的な危険性を考えるべきです。ちなみに国家神道(真っ当な神道は潰されていると聞きます)と創価は出自が同じだそうです。

カルトなどが牛耳っている組織内組織が暴走している状況では「湯川はるな事件」などが平気で起こります。防犯ネットや地域連携システムを構築したのも政権与党で悪用して集団ストーカー現象を起こしたのも同じです。特定秘密保護法もその暗躍を隠し通すために作られたようです。既に湯川事件では表面化しています。だから下記の条項を付加する必要性があったのです。パブコメは一切反映されていなかった。国民がもっと自国の状況やあり方について真剣に考えないと「国民あっての国家」ではなく「国家あっての国民」になってしまいます。排斥社会奴隷制度国家暴走です。
下記条項の意味をもう一度吟味してください。
『1、野党には公開(実際の数値情報ではなく概念と理由)して可否を議論すること。
2、国家の犯罪に関しての内容は当然当たらないこと。
3、直接的に国民の生命と財産の危機に関するものは当たらないこと。
4、最低でも30年で公開すること。』
5、上記違反に関する内部告発は正当に保護されること。
6、違反として告発された者は異議申し立てができること。』
これらのことは当たり前のことですが、性善説を捨てて常識に照らし合わせて考えてください。現在ないのです。一時期取り沙汰された「説明責任」と「責任の所在」については、この表面的でご都合主義的な内容の法案でより悪化しました。湯川氏の件でも明らかなようにこういった暴挙を放置すると戦争が起こります。戦前と同じ流れのように感じます。#特定秘密保護法 #監視社会 #排斥社会 #奴隷 #国家暴走 #内部告発




これらの事実には一ミリも触れずに動画サイトなどで「基地外」説がよくでてきますが、体制側が作り出す事件事故は事前に基地外に見せかけるための行動をさせるものが多く、これらは彼らの手口の一つでもあります。神奈川精神施設大量虐殺の件もやらせと分かっていますが、同じことです。では彼らはなぜこういった事実については真面目に検証しようともしないのかをよく考えてください。単なる火消し目的だからです。工作員は都合の悪い事実については全く触れようとしない傾向にあります。
湯川遥菜氏の邦人誘拐人質事件に関しては当初から不自然だとは分かっていました。遥菜氏自体の経歴に仄めかしが存在していたからです。現在ではフランスとベルギーのテロなど(4つ)が確実に日本が関与(証拠あり)していることが分かっているので、日本のカルト(パナマ文章で隠す意図丸出しの5000億が発覚。海外での諜報工作活動費だと考えられる。)の繋がりが見えてきました。本来は湯川本人の調査を始めたのですが、その中でこの事件のヤラセの実態が見えてきました。民間軍事会社(PMC)という名前自体が世界に通用する一般的名称であること。これは、世界の紛争地帯で一般的に活動している組織名なので、紛争地帯の関係者ならばこの名前を見るだけでその人物が軍事関連の人間だと理解できる。日本にも911以後少数の企業が参入したが業績にならず全てが廃業。通常は自衛隊OBなどのプロが中心となる。なので元々経験もない一般人が単独で行えるようなものではない。またその稼業の人間は自らをPMCと名乗る(危険なので)ことすらない。このPMCジャパンの登録先に会社が存在していない。社員は彼一人。会社案内で全て日本語表記なのに、役員やアドバイザーのところだけがローマ字と英語で書かれている。そこだけ不明瞭に隠そうとする意図が明確。日本初の民間軍事会社のトップが経験知識のない人間。PMCの関係者に自民議員が在籍。クローズドな少数のネット会議には官房長官が在籍。自衛隊元幹部に知り合い。これだけの人間が後ろにいてど素人の無知をトップに使いません。元自衛隊上がりや海外活動のある傭兵など知り合いは五万といるでしょう。その年に設立後に、実績も明確な活動もなく半年も未満で意味不明の事件となる。完全なダミー会社で被害者は捨て駒。この人間のみが活動。本来の順序を素っ飛ばして一番過激な地域に入る。自分は民間軍事会社の人間だと名刺を配りまくっている。捕まえてくださいとばかりに、フォトグラファーと称して銃を持って敵地に入り込む。英語もロクにできない。これでは名刺を配って交渉を行える状態ではない。極めて危険な戦闘地域に軽装、汗だくで目に入ると戦闘できない長髪。およそ戦闘員と言えない太った体格。最初のコンタクトが、「銃を持った意味不明の日本人を捕まえたので、イスラム法に則った裁判のために話のできる人間を紹介してくれ」だった。そこでパイプのある某大学教授が名乗りを上げるが、北大生の行動で拘束されコンタクトできなくなる。北大生はツイッターで以前に教授に接近。何故か東京の古本屋に一枚だけ貼ってある適当な募集の紙をみて参加した先がたまたま某教授だった。適当な募集チラシは店長が冗談で貼ったとか。教授が以来したものではなかった。この北大生が海外に戦闘に行くと言い出して巻き沿いで教授は拘束され邪魔される。良くある典型的な工作です。この教授はそちらのパイプで以前に外務省が使っていた人間だった。今回は何故か部外者は邪魔だと門前払いされている。その後しばらくは放置だったようで、IS側が痺れを切らせて家族に交渉を持ちかけている。そして、国内から目を逸らさせるように国のトップは選挙選に入り、海外ではIS殲滅のために莫大な予算を提供すると公式に宣戦布告する。その後に同額の身代金要求がある。こういったケースでいつもパイプの太いトルコは経由せずにIS敵対国に交渉をする。どう見ても、湯川という捨て駒をワザと捕まらせて見殺しにすることが目的のような流れです。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

victim084

Author:victim084
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。